塑料工业

厦门兴亚泰塑料工业

動画を見る

泽平塑料工业

VINEYARD ぶどう園

スペインワインを代表する産地、リオハにて造られるBodegas Ontañón。
オンタニョンとは、ペレス・クエバス家が何世代にもわたりぶどう栽培を営んできた山間地域の名称です。
畑は標高およそ750m、ぶどうがゆっくりとかつ完璧に成熟する方角に面しています。
朝の湿気からぶどうを守る風がほどよく吹くこの地域では、リオハの中でも昼夜の寒暖差が大きく、ストラクチャーのしっかりとした、 バランスのとれたワインを造ることができます。
所有する250ha以上のぶどう畑から造られるボデガス・オンタニョンのワイン。酸のバランスがとれた果実味豊かな口当たりで、
テロワールの特徴がよく表れた唯一無二のワインです。

画像

オフィシャルホームページ

塑料工业期刊

VINEYARD ぶどう園

1970年代からワインの生産を始めたボデガス・オンタニョンは、1999年にはログローニョにボデガ(ワイン醸造所)兼美術館を設立しました。
美術館には、これまでの文化にワインがどのように関わってきたかを色濃く表す、ギリシャ神話やローマ神話をモチーフとした作品が数多く飾られています。
また、リオハ出身のアーティストの絵画や彫刻の展示、コンサート上演などを積極的に行っています。地域、文化、アートと結びついた豊かな味わいを楽しめるボデガス・オンタニョン。オンタニョンはワインを、そしてワイン文化をアートとして捉えているのです。

画像

六安再生塑料工业园组厂房

VINEYARD ぶどう園

ボデガス・オンタニョンのワインは、そこに住む人々、文化、芸術、テロワールすべてを形づくるリオハの大地から生み出されています。
ワインと同じように、文化や芸術を重んずるオンタニョンは、ワインの醸造/販売のみならずスペインミュージックやアートの普及活動にも熱を入れています。
さまざまなアーティストをオンタニョンに招き、コンサートを開催。また、マドリードの“CASA PATAS”にて行われるフラメンコイベントのスポンサーも行っています。

画像

このページの先頭へ